焼香

無駄なく

生前から決めておくこと

白い花

お葬式をとり行うことになった時に慌てて葬儀会社に連絡する人も多いかと思います。しかし、葬儀会社を何も考えずに選んでしまうと、必要のないサービスまで申し込んでしまう可能性があります。普通に考えて身内を亡くして精神的なダメージを受けているときに冷静に見積もりをもらったり比較をしたりするのは困難です。 もしもの時になって慌てないためにも、あらかじめ葬儀会社を選んでおくことが大切です。生前から費用の見積もりを出している葬儀会社は沢山あります。生きているうちに「終活」をする人が増えているように、どんなお葬式をしたいのか家族で話し合うこともタブーではなくなっています。生前から葬儀プランを決めておくことで、無駄なく賢い葬儀ができると思います。

葬儀に必要になる費用

葬儀費用というのは一般的に大きな金額になる傾向があります。全国平均のデータを見ると200万円の金額をお葬式に使用しているそうです。200万円は仏式葬儀にかかるすべての費用、弔問客を接待するための飲食費、寺院関係者への心づけや戒名料などすべて含んだ金額です。 しかし、もっとも安いと15万円位でできるお葬式もあります。それが「直葬」です。通夜も葬儀も告別式もなく、家族や親しい友人たちだけで火葬だけして見送るのが直葬というスタイルです。弔問客がいないので接待費用がかからず、寺院関係者もいないので心づけも不要です。格安で手軽にできる直葬は、お葬式のコストを抑えたい人や身内がいない人などに便利な葬儀スタイルです。