焼香

基本を知る

宗教宗派による斎場選び。

睡蓮

故人の属する宗教宗派によって、葬儀の仕方が変わってきます。例えばキリスト教式、仏式、神式、友人葬、無宗教式など多種多様あります。斎場ではそれぞれに合わせ宗教宗派問わず利用できるようになっています。 どのような葬儀にしたいのか、あらかじめ話し合っておくと斎場選びがスムーズに進みます。宗教宗派だけでなく、家族や身近な人だけ呼ぶような少人数のものか、または派手にするか、飾りたいものがあれば知らせておくことも必要です。 斎場によっては、希望が通らないところもあるでしょう。急となっては時間がなく、思うようにいかないこともあります。前もって準備するのは気が引けるかもしれませんが、本人や家族の希望するようないい葬儀が出来ることを考えれば大切なことです。

最近増加の傾向にある葬儀。

最近では無宗教葬儀(自由葬)といった、いわゆるプロデュース葬が徐々に増えてきているようです。 これは特定の宗教宗派に属さない葬儀のことで、僧侶などの宗教者を招かずに自由な形式で執り行われます。 今は宗教を持たない人が多くなったことや、故人に合った葬儀がしたいという理由からのようです。 特徴としては、自由な演出ができる、故人の好きだった音楽を流すことができる、読経の時間を省くことが可能、祭壇を飾るか・どのようなものにするかといった点があります。 僧侶などを呼ばない、祭壇を飾らない、となれば費用がかなり抑えられます。葬儀は大金がかかるため、これは助かります。 しかし自由な形式となると斎場側との打ち合わせが必要になるので、事前に確認しておきましょう。